嫁が浮気をした時の特徴とその対応について

嫁が浮気をした時の特徴とその対応について

嫁の浮気した時の特徴

 結婚生活は色々とあります。最初は熱愛していたカップルもいつしか時間が経つと徐々に気持ちが落ち着いて子供が大きくなる頃になるとお互いの存在が空気のようになってしまいます。それはそれでいいのですが、やはり特に女性は寂しさを感じてしまいます。そんな時ふと魔がさして嫁が浮気をしてしまう事が有ります。
 最初は遊びだった浮気も徐々に相手の男性にのめり込んでいって、その様子は態度や言動に表れてしまうようになります。嫁が浮気した時は次のような特徴が現れますので旦那様方注意していてください。

・スキンシップを嫌がる
 子育ての最中やホルモンバランスなどによってスキンシップを嫌がる女性は多いので必ずとは言えませんが、特に理由なくこれを嫌がるようになった場合は浮気している可能性が高いです。
・下着がセクシーになる
 これまで色気のない着古した下着を着けていたのに、真新しくセクシーな下着が増えてきたら浮気をしている可能性があります。
・スマホを触る時間が多くなる
 頻繁にスマートフォンを触ってline等をしている時間が長くなっている場合は他の男性と親密になっている事があります。
・外出が多くなる
 これまでと違って外出の頻度が増えたりした場合は、他の男性とあっている可能性があります。
・急に優しくなったり冷たくなったりする

 これまでと接し方が変わった場合は、他の男性に気持ちが移っているのを隠そうとしている事が考えられます。
こういったケースが複数見受けらえる場合、嫁が浮気をしている可能性が高いので対応を考える必要があります。

スマホで見る嫁の浮気の特徴

嫁のスマホへの執着具合から浮気を判断することが出来るかもしれません。
ある日を境にスマホに執着するようになという行為は浮気していますよとはっきりと言っているようなものだとか。
なぜかと言うと、スマホを手放さない理由としては、奥さんが浮気の相手とメールやLINE(ライン)などでやり取りしているからです。
特にLINEというのはメッセージが届くと、スマホのロックを解除しなくても画面に表示される場合もあるため、その辺に携帯を迂闊に置いたりできません。一応、通知設定オフにできますが、やましいと感じているからこそ、慎重になっている訳です。
加えて、なかなか電話に出ない、折り返しが遅い、頻繁に電源が入っていないなど。折り返し妻から連絡がきて、携帯の調子がおかしかった、電車でトンネルに入ったから電波が悪い、友達と話していたなどと言い訳を始めます。

ここで、奥さんを厳しく追及してはいけません。「私を疑っているの?」と逆切れをされのがオチです。女性は男性より嘘をつくのが上手と言われているのでそう簡単に浮気を見破ることはできません。

参考ページ:嫁の浮気

嫁の浮気への対応

 愛を誓って家庭を持った嫁が他の男と浮気をしていたとしたら、男性にとってはとても辛い気持ちになります。例え空気のような存在になっていて、愛や恋といった気持ちはなくなっていても裏切られたという感情は隠しおおせないものです。嫁が浮気したときの対応について、いつくかのパターンを紹介してみたいと思います。
・再構築
 人間だれしも間違いが在るものです。長い結婚生活の中で心の迷いはつきものです。もし浮気のバレた嫁が悔い改め、あなたにも嫁ヘの気持ちが残っていて、子供たちへの影響などを考えるならば再構築という方法は十分選択肢としてあります。
 ただ、フラッシュバックは覚悟する必要があります。
・黙って別れる
 傷心状態になると思考停止状態になってとにかく逃避したいという心理が強くなります。そんな時に問題に早くけりを付けたいという想いから何も求めずに早く決着をつけるという方法を取るのが最良のケースが有ります。
・報復する
 浮気をされた場合、嫁とその相手に報復するという事が可能です。但し報復と言っても暴力に訴える事は出来ません。最も一般的な方法は金銭的対価を負わせるという方法です。そのほかに相手の評判や社会的地位を失墜させるという方法もあります。この場合には最悪裁判になっても戦い抜けるだけの客観的な証拠を集める必要があります。

嫁が浮気したときの特徴からその対応までまとめてみました。
浮気をされると辛いので、するなら出来る限り見つからないように浮気をしてもらいたいものです。

浮気カテゴリの最新記事